Fund for  Local Government Emploees'Accident Compensation Okayama Prefecture branch
地方公務員災害補償基金岡山県支部 公務災害・通勤災害の補償事務の手引き
トップページ 災害補償精度 公務災害と通勤災害の認定 認定請求手続 補償の内容と手続
福祉事業の内容と手続 平均給与額 第三者行為災害の取扱い 参考資料
 
 
VIII 治ゆと再発 IX 時効
 
治ゆしたり、追加・再発したら届出を
 
  2.追加・再発
 
 
 
VIII 治ゆと追加・再発
1.治ゆ----
 
 職員が公務上又は通勤により負傷し若しくは疾病にかかり、必要な治療を受けたことにより、傷病がなおったときは、速やかに被災職員から「治ゆ届」を基金支部あてに提出していただくことになっています。

 
(1)傷病がなおったとき
 
 症状が消退し、療養が終了した全治の場合と、治療を続けてももはや医療効果が期待できない場合(症状固定)をいいます。
 
傷病がなおったとき
   
 
(2)「治ゆ届」の提出
 「治ゆ届」(記載例17参照)は、必要箇所に記入押印して、任命権者を経由して基金支部に提出してください。

2.追加・再発----
 
(1)追加
 認定請求を行った後に、<1>本来診断されているべき傷病名が、当初の診断書に記載されていなかったとき、<2>既に認定請求をした傷病に起因して、療養中に新たに別の傷病が発生したときなど、当初の災害と同一の事由に起因する傷病名が追加して診断された場合には、追加認定請求を行う必要があります。この請求は公務又は通勤災害認定請求書(左上に追加認定と朱書きすること。)に、診断書(その傷病と当初の災害との関係について担当医師の意見を付記してあるものが望ましい。)及び当初の災害から追加診断がなされるまでの経緯等を説明する資料(「症状経過報告書」等)を添付して行います。

 
(2)再発
 
 治ゆ届を提出したあとで症状が悪化し、治療を必要とする場合がまれに見られます。このような場合、基金では、再発傷病として補償の対象とする取扱いをしています。
 再発傷病として補償の対象とされるのは、次の場合です。
 ○傷病がいったん治ゆした後に自然経過により症状が悪化した場合
 ○傷病について、もはや医療効果が期待できないため「治ゆ」と認定された後に、医学の進歩等により医療効果が期待されるようになった場合

 傷病が再発した場合には、認定請求書の様式を利用して、様式の左上肩に「再発」と朱書し、次の資料を添付して認定請求をしてください。
 ○初発傷病発生の日時・場所及びその状況並びにその傷病名、傷病の部位及びその程度に関する資料
 ○初発傷病の治ゆ年月日及び治ゆ時の状況に関する資料
 ○再発傷病発生の日時及び場所、その傷病名、傷病の部位及びその程度に関する資料
 ○初発傷病の治ゆから再発傷病の発生までの間の経過及び再発時の状況に関する資料
 ○医師等の所見、定期健康診断の記録等

 
IX 時効
 
 職員が補償の請求を2年間(障害補償及び遺族補償については5年間)行わないときは、補償を受ける権利は時効により消滅します。
 時効(介護補償の時効を除く。)は、補償を受ける権利が発生した日の翌日から起算することになっていますが、補償を受ける権利発生日等は次のとおりです。
 
時効
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
   
   
       
   

△ページのトップへ戻る↑


地方公務員災害補償基金 岡山県支部
〒700-8570 岡山県岡山市北区内山下2-4-6(岡山県総務部人事課内) TEL.086-226-7218(直通) AFX.086-221-7909
Copyright (C) 2010 Okayama Prefecture branch of Fund for Local Government Employees'Accident Compensation All Rights Reserved.

s